高齢者 栄養 食事

高齢者の栄養が取れる食事・高血圧や腎臓病の方向き

高齢者の病気老化とは老化は正確には病気ではなく誰にでも起こる体の変化です。

 

老化とは何なのでしょうか。

 

高齢者の栄養が取れる食事・高血圧や腎臓病の方向き

 

どうかというのは年をとって体が変わっていくことです。

 

生理的老化と病的老化の2つがあります。

 

生理的病かというのは誰にでも起こる異常のない変化のことで白髪が生えてくるシミやシワが出てくる骨粗鬆症になるなどの症状です。

 

それ以外に目が見えにくくなる老眼や耳が聞こえにくくなる難聴なども生理的なりょうかだといえます。

 

しかし病的なろう家庭のは誰もがかかる病気ではなく一部の人がなってしまうことから病的老化だといわれています。

 

病的老化は血液の流れが悪くなって起こる動脈硬化や痴呆症などが挙げられます。

 

年を取るということは生きていれば普通のことです。

 

しかし色々な病気にかかりやすくなる体の機能が衰えるということを意味しますので、健康のリスクが高まり予防はとても大切になります。

 

 

 

老化が起こる原因

老化が起こる原因は諸説ありますが、大きく分けると2つの説が提唱されています。

 

一つ目は老化プログラム説老化プログラム説というのは遺伝子サルdnaに老化するプログラムが予め組み込まれていて一定の年齢が来ると老化が進行するということです。

 

それは細胞の寿命があるからです。

 

遺伝子のある部分には細胞分裂の回数を計算している爆笑があってそこの計算が一定以上になると細胞分裂が止まります。

 

そうすることで老化がするというものです。

 

もう一つはエラー蓄積説といわれているものです。

 

エラー蓄積説は放射線の影響や紫外線や化学物質などの外からの物質の作用によってdnaが傷つけられて細胞分裂が正常に行われなくなって老化を招くということです。

 

放射線や化学物質はもちろんですが、体の中に普通にある物質活性酸素によってもdnaが傷つけられて動画が起こるともいわれています。

 

どちらが正しいとはいうこともできなくてどちらもが廊下に影響していると考えている人も多くいます。

 

 

活性酸素が老化をもたらす

活性酸素は体にとって悪い物質です。

 

体を錆びつかせる物質だともいわれていて老化と密接に関係しています。

 

活性酸素というのは反応しやすくなっているさなどのことで体の物質を酸化させてしまいます。

 

参加させるとタンパク質などの構造がおかしくなってがんや老化を引き起こしてしまうということです。

 

しかし活性酸素はすべてが悪いわけではありません。

 

活性酸素は免疫機能も持っていて私たちの体をウィルスから守ってくれているのです。

 

それではそんな活性酸素とどうやって付き合っていけば良いのでしょうか。

 

それは活性酸素を余計に生み出さないということです。

 

活性酸素がウイルスから私たちを守ってくれる霊以外を発生させないようにすることが必要です。

 

活性酸素に効果がある食品活性酸素の働きを弱めてくれる食品があります。

 

例えば抗酸化物質であるビタミンcやビタミンeこれらは酸化を防止してくれる効果があり老化防止に有効です。

 

 

 

心身の老化度をチェックする

体がどのぐらいどうかしているかチェックすることができます。

 

プロ赤のチェックには心のチェックと体のチェックがあり心のチェックでは体が衰えてくる親しい人が亡くなるなどの色々な不幸な体験から心がとだしがちになり抑うつになることがあります。

 

そして実際に老年期の初めの方でうつ病にかかる人も少なくありません。

 

また糖尿病などの病気が原因でうつ病に発展することもあります。

 

高齢者はふさぎがちで若い人よりも気分の転換が遅くなり賞状を切った以上に悪く捉えて内側にムキがちです。

 

例えば今まで楽しかったテレビがつまらなくなってきたなどの関心が薄れから心がどのくらい老化したかが分かるようになります。

 

また性格が変わることもあります。

 

あの人は性格が変わったといわれる場合元々の性格が強くなってくる場合やその一方でもともと神経質だった人が柔らかくなるので良い方向に進むこともあります。

 

そして一般的には心が老化すると自己中心的になってひがみやすくなり攻撃性が強まるといわれています。

 

 

 

脳細胞は20代から現場し始める脳の細胞は何と20代をピークに後は減少していく一方です。

 

その数は1日に1こともいわれていて80代から20代までの60年間に約40%がなくなってしまうといわれています。

 

これが俗にいう認知症の原因で知的能力の中でも記憶力が悪くなって
物忘れをしやすくなったり計算ができなくなるたので知的障害が起こります。

 

 

 

体の老化度年をとって体現れる症状としてはよくあるのが風邪がひきやすくなり治りにくくなるということです。

 

まず高齢になると免疫能力が落ちてちょっとしたことで風邪などのウイルスにかかってしまいます。

 

そして一度ひいてしまった風邪は治りが悪くなかなか回復してくれないこともあります。